シンボル一覧
ワークショップスケジュール
ワークショップ説明

EC17ワークショップ(WS)は参加者がキリスト者として成長するために、具体的に学べる場所を提供することにフォーカスを置いています。今年も参加者の現状考慮し、また今後直面していくクリスチャンとしての成長の機会を思い、22個のWSを用意し、7つのカテゴリーに分けました。スケジュールとWS紹介にそれぞれシンボルをつけましたのでWSを決める際の参考にして下さい。

シンボル一覧
1)帰国系(シンボル:RN)

自分や親しい友人が近い将来、日本へ帰国する予定の方、そして日本で帰国者を受け入れる側にいる方向けWSです。帰国に対して備えておくべきことや期待すべき事を学びましょう。又、実際に帰国者クリスチャンとして日本で信仰生活を送っている人や、帰国者サポートをしいる人からの、具体的な情報やアドバイスが盛りだくさんです。

2)グローイング・弟子訓練系(シンボル:GD)

日本語でもっと神様のことを学びたい、続けて神様との関係を深めたい、神様の目的通り成長したい!という方向け。救われた意味とは?神様は自分をどんなふうにデザインし、期待して下さっているのだろう?神様は様々な成長の機会、方法、場所を備えて下さいます。ぜひこのWSで学んでみませんか?

3)Mission系(シンボル:MS)

全世界に出ていく福音を述べ伝えること。神様の御心です。では具体的に神様は世界中においてどのように働かれているのだろう?そして私たちに期待されていることがどんなことだろう?既にその使命に生きている人達にはどんなふうに歩んでいるのだろう?神様は私たちを用いて、全世界に、そして、置かれているところにいる人々に福音を伝えようとされています。

4)一般(シンボル:GEN)

様々な分野で学べるWSです。恋愛、結婚、進化論、賜物、スモールグループなどたくさんのテーマがあります。興味をもっているトピックについて、もっと深く追求してみたい方、今まで気にしていなかったけど、このトピックはクリスチャンとして気になる!という方どうぞ。

5)Seeker'sプログラム(シンボル:SK)

Seeker’sは、まだ神様の事を知らない人を対象にしたトラックです。クリスチャンの参加者が中心のECの中で、同じプログラムを消化していくことは簡単ではありません。Seeker’sでは、そんな参加者の為に、ワークショップやバイブルスタディー、スモールグループなど、一部のプログラムが特別にデザインされています。今年は、"イェスさまは門"というテーマで、みんなでイェスさまの愛と温かさに触れたいと思います。

6)Youthプログラム(シンボル:YH)

ECユースプログラムは中学生から高校生の参加者を対象とするバイリンガルプログラム。WS時に行われるユース限定の集会、ユースの絆を深めるためのゲームやアクティビティなどが特徴。EC17ユースプログラムでは「You are loved as who you are」をテーマにありのままの自分で神様から愛されるとはどういうことなのか、そこから来る自由とはなんなのかみんなで学んでいきます。

7)RJCプログラム(シンボル:RJC)

日本人クリスチャンの成長を祈り仕えてくださっているイングリッシュスピーカーたち向けに、効果的なアウトリーチのための訓練プログラムです。日本人宣教に興味のある方や、日本人クリスチャンの学びや成長の手助けをしてサポートしたいという方、現在日本人とバイブルスタディやフェローシップを通して関わっている方へ。このWSは、日本人を愛し実際に日本人宣教に関わってきたイングリッシュスピーカー達から、アドバイスや経験を聞き学べる場です。

ワークショップスケジュール

 ec17WSschedule

 

ワークショップ説明

Workshop 1
Day 3: Dec. 29th, 1:15-2:30 pm

バイブルスタディーのテキストの作り方(GD)
平湯晴彦
場所:Auditorium Foyer
求道者やクリスチャンの仲間とバイブルスタディーをしたいけど、彼らにフィットしたテキストがないので困っている。それなら、リーダーのあなたがテキストを作ればいい。7~8つの良い質問があれば1時間のバイブルスタディーを導ける。このワークショップで、具体的なテキスト作りが学べます。

紙芝居(?)を描こう~ (MS)
榊原のぶ
場所:Theater
日本で(海外でも)教会に仕える、主のお役に立つ者として奉仕するための、ひと工夫。きっと教会では、子供教会学校で奉仕するということがあるでしょう。「聖書のお話しをしてください」っていきなり言われても・・・というあなた!今も昔も子供心をぐっとつかむ紙芝居を描いてみませんか?今はデジタル、昔は紙、でもそのスピリットは変わりません。紙芝居を描いて25年、のぶ牧師の紙芝居伝道があなたの教会生活の助けになれば幸いです。

ガチで、結婚の話をしようか?(GEN)
中尾善之介&真紀子
場所:Sanctuary
どうやって恋愛したらいいんだろう?どうやって相手を見つけたらいいのだろう?と悩む前に、絶対にしておいて欲しいことがあります。最高の相手と出逢う為に、神さまは、既にあなたを相手に相応しく整えようとされている。成と性と静から、恋愛とデーティングの事を一緒に考えよう!

赦すことの祝福(GEN)
鍵和田哲男
場所:Grace
多くの人にとって赦すということは決して簡単なことではありません。特にその問題によって身体的・精神的・金銭的被害を受けたならなおさらです。しかも、たいていの場合、赦すかどうかよりも赦せるかどうかで論じられることが多いのです。しかし、イエス様によって罪を許された私たちが、真の祝福を得ていくためには、赦すことが必要不可欠なのです。その勇気を持つために、赦しについて共に考える時を持ちましょう。

キリスト教と茶道(GEN)
関 真士
場所:Classroom D
茶道には驚くほどにキリスト教の影響がある。茶道の魅力を紹介しつつ、日本人宣教の可能性にも言及する。

Seekers Q&A もっと知りたいなら聞いてみよう!(SK)
Seeker'sプログラム
場所:Classroom C
聞きたいけど聞けない...そんなあなたの為のワークショップです!講師の先生方がシーカーズの質問や疑問を聞き、会話形式で答えていきます。

What is Love?(YH)
Youthプログラム
場所:Classroom A
ワークショップを通して愛とはなんなのか、神様の愛とは?自分はどういう形で愛を感じるか?グループに分かれてディスカッションをしたりアクティビティを通して愛について学びます。

Reaching the Japanese through Multi-Cultural Ministry(RJC)
Hisashi “Tobi” Ishitobi
場所:Classroom B
At one point, I had to choose what my focus is to reach the Japanese in the US. To create a Japanese-speaking ministry, or reaching them as a part of an English speaking multi-cultural church. Considering the future, I chose the latter and that has been the best choice I’ve made in utilizing my bilingual/bicultural background. Come and hear the story of RIZE Church and find out how God is opening the door to reach the Japanese through a multi-cultural church plant!

***

Workshop 2
Day 4: Dec. 30th, 4:00-5:15 pm

冠婚葬祭(RN)
平湯晴彦
場所:Classroom A
クリスチャンが仏教の葬式に出席したり日本の伝統行事に関わると困惑します。このワークショップで、冠婚葬祭に対する聖書的・実際的対策を学べます。内容としては、冠婚葬祭への3つの態度、失敗要因、聖書からの学び、冠婚葬祭フレミング右手の法則、仏教とは何?、具体的な準備方法、二つのJなどです。小グループでディスカッションしながら楽しく学びます。

賜物発見セミナー(GD)
稲冨祐一郎
場所:Classroom D
クリスチャンには必ず「霊的賜物」が与えられています。しかしそれがわからないとき、どのように教会で奉仕して、主に仕えていけばよいかわかりません。「教える」賜物がないのに、日曜学校で子供たちを教えたら、教えてる本人も辛いし、教わってる子供も辛いし、教える賜物があるのにさせてもらえない人も辛いし、その状況を見ている神様は一番辛いです。ですから自分の賜物を発見して、喜んで奉仕して主に仕え、教会の徳を高め、みなの喜ぶ信仰生活ができるようにお助けするのがこのセミナーです。

Holy Discontent 〜ビジョンの原点に迫る〜(GD)
川田牧人
場所:Theater
すべてはビジョンから始まる。世界規模の大企業であれ、小さな地域教会であれ、その土台にあるべきものはビジョンであると、リーダーシップを学ぶ場では必ずそう語られる。しかし、そのビジョンはどこから生まれてくるのか。人はどのようにビジョンを抱くようになるのか。ビジョンの灯火は何によって燃やされ続けるのか。このワークショップではビジョンの原点について皆さんと共に学び、そこから自分の使命を見出すため、主のコーリングに耳を傾けていきたいと思います。イエス様に心を燃やして頂きましょう!

親として成熟する〜ヨブ記からのアプローチ(MS)
鎌野直人
場所:Sanctuary
完璧な人格に見えるヨブにも、実は欠けがありました。彼は子どもたちに対しては過保護だったのです。しかし、苦難と激論と神の顕現を通して、彼は新しい「父親像」を体得します。そこで、このワークショップでは、ヨブ記のなかのいくつかの箇所を注意深く読むことを通して、ヨブの体得した新しい父親像がどのようなものであるのか、そしてその父親像の源がどこにあるのかを考えます。

神学と科学の関係(GEN)
チェン・チャールズ、石塚雄司
場所:Classroom C
聖書と科学って矛盾しているって本当?なぜ科学は神様がいない事を証明できるって言う人達がいるのだろう?クリスチャンとして聖書から学んだ知識と現代科学から得た知識をどう位置付けたら良いの?スモールグループディスカッション形式で科学と神学をどのようにしたら統合(integrate)出来るのかいくつかのトピック(例:進化論、創造論、地動説)を通して話し合って見たいと思います。果たして、現代科学は私たちの信仰の妨げになっている脅威なのでしょうか、それとも信仰を深める糧なのでしょうか。乞うご期待!

Evangelism in Japan(RJC)
Ariel Lee
場所:Classroom B
Japan is known as one of the hardest countries in the world to share the gospel. We’ve heard reports that Japanese take an average of 7 years before they accept Christ or that some missionaries have not really seen anybody come to Christ in their years of service. But is that really true? In this workshop, we will go over some of the history of missions and evangelism in Japan and reconsider what it means when we mean by the term evangelism. Hopefully myths will be dispelled as you learn how God is moving in Japan.

***

Workshop 3
Day 5: Dec. 31st, 4:00-5:15 pm

キリストのからだに属する私たち(RN)
鍵和田哲男
場所:Theater
信仰は個人的なイエス様とのつながりです。でも、そこには絶対に必要なキリストのからだとしての教会と、そこでのクリスチャンとしての歩みがあります。自分が教会の一部であることを正しく理解するとともに、教会で起こりやすい問題点にどう対処するかも、共に考えていきましょう。

メンターとして仕えるために(GD)
源和香子
場所:Classroom D
これからメンターになってみたい方、メンタリングを通して誰かの霊的成長を導きたい方に焦点をあてたワークショップです。メンタリングの重要性や有効性と共に、メンターとして仕えるための資質やイエス様にならう態度について見ていきます。あなたをメンターとして必要としている人がいます!このEC中にも、あなたとぴったりの「メンティー」を祈り求めてみませんか?

あかしのしかた(MS)
平湯晴彦
場所:Auditorium Foyer
自分の救いのあかしを用いて友達や家族に伝道する方法を紹介します。具体的には、救いのあかしの書き方、あかしに不可欠な要素、自分らしい独自の切り口、あかしのきっかけ作り、あかしする時の注意など、実演を交えて学べます。

スポーツミニストリー〜人口70%への挑戦〜(MS)
竹沢めぐみ
場所:Sactuary
「スポーツ」と一言で言っても、部活やクラブでのスポーツ、趣味でするスポーツ、子どもから大人まで楽しめるレクリエーション、ラグビーW杯、オリンピック・パラリンピックのようなメガイベント、アスリート支援等々、多岐に渡ります。共通項は、スポーツ好き!そんな皆さんが関われるところは必ずあります。スポーツを通して神さまを礼拝すること、クリスチャンがスポーツをする意味、クリスチャンアスリートの証に耳を傾けながら、スポーツミニストリーを一緒に考えてみませんか?

スモールグループで人生が変わる!(GEN)
梯 弘実
場所:Reflection
帰国者を熱くフォローアップしたいのになんかうまくいかない。いつの間にか連絡しづらくなって音信不通になる。家の近くや自分の教会でスモールグループがない。どうやってクリスチャンとして成長していったら良いのかわからない。そんな悩みの解決になる、誰でも簡単にグループを始められる方法、健康的なグループを作る方法を学びます。リーダーの賜物がないからとあきらめていませんか?励まされること間違いなしです!

私はイェス様に変えられた!Seekers証大会(SK)
Seeker'sプログラム
場所:Classroom C
シーカーズリーダーが証を準備しました。どうやってイェス様に触れられ、変えられたか。その体験をシーカーズの皆さんと分かち合います。

証大会(YH)
Youthプログラム
場所:Classroom A
ユースがECで学んだこと、感じたこと、変わったことを振り返りシェアする場所です。

How English Speakers can Build Relationships with Japanese(RJC)
David Robison
場所:Classroom B
Learn ways to connect with Japanese and build rich God honoring friendships
English speakers have many unique opportunities to connect with Japanese both in the US and Japan. This workshop will help you understand some of the basics of Japanese culture, and suggest ways of approaching and building relationships both with Japanese living abroad and in Japan, and how such relationships can lead to opportunities for evangelism and discipleship.

facebook_page_plugin