Bible Studyディレクターの塚本良樹です。山崎ランサム先生の最後のコラムです!みなさんとECでお会いできることを楽しみにしています!!

今週の通読箇所(12/18-20):使徒26~28 or ルカ22~24


ルカが語る福音の物語⑧
「すべての主であるキリスト」

8回にわたって、ルカ文書(ルカの福音書と使徒の働き)について概観してきました。ルカはイエスと教会の物語を、地上における神の救いのご計画の現れとして描いています。そして、そのストーリーは、地中海世界におけるローマ帝国の支配という歴史的現実を背景として展開していきます。

「福音」とは、イエス・キリストを通して神の国、すなわち神の王としての支配が地上に訪れつつあることについての「よい知らせ」です。そのメッセージは、個人の心の問題だけに関するものではなく、地上の現実のあらゆる側面に関わってきます。政治もその例外ではありません。現代のような「政教分離」という考え方は聖書時代の人々にはなかったのです。

ローマ帝国の権力の頂点に立つのは皇帝でした。ローマ皇帝は「主」「救い主」などの称号をもってたたえられ、時には神としてあがめられていました。そのような世界にあって、ルカは帝国の辺境であったユダヤの地に貧しい幼子として生まれ、十字架につけられて死んでよみがえったナザレのイエスこそが世界のまことの王であることを語ります。ルカはローマ皇帝ではなく、このイエスこそが「すべての人の主」(使徒10章36節)だというのです。クリスチャンとは、このイエスを自分の、また世界の主と信じ、従い、宣べ伝える人々のことです。しかし、イエスはローマ皇帝と同じような意味で「王」また「主」なのではありません。イエスは力をもって他者を押さえつけるこの世の支配者とはことなり(ルカ22章25-26節)、いのちを捨てて私たちを愛してくださった王なのです。

ルカの描く福音の物語は、パウロがローマ帝国の首都にたどりつき、皇帝の膝元で神の国(王国)を宣べ伝え、主イエス・キリストのことを教えたという描写で終わっています(使徒28章31節)。「神が王であり、イエスが主である」――これはすべての人に与えられた希望のメッセージであり、時代を超えて今日の私たちにも語りかけているのです。


☆さらに学びたい方は山崎ランサム和彦先生のブログへ

鏡を通して - TROUGH A GLASS -

第一回目「ルカ文書への招待 (1)」

第二回目「ルカ文書への招待 (2)」

第三回目「ルカ文書への招待 (3)」

第四回目「ルカ文書への招待 (4)」

第五回目「ルカ文書への招待 (5)」

第六回目「ルカ文書への招待 (6)」

第七回目「ルカ文書への招待 (7)」

Bible Studyディレクターの塚本良樹です。山崎ランサム先生の第六回目のコラムです!

今週の通読箇所(12/4-10):使徒12~18 or ルカ16~18


ルカが語る福音の物語⑥
「教会のルーツを明らかにする物語」

今回は、ルカ文書が書かれた目的について考えてみましょう。ルカ文書は簡単に言うと、イエスから始まる教会の歴史を記した書であると言えます。しかし、なぜルカはテオピロのために教会の歴史を書く必要を覚えたのでしょうか?

以前のコラムでも書いたように、著者のルカも、その読者のテオピロもおそらく異邦人クリスチャンであり、彼らが属していた教会も異邦人クリスチャンが多かったと思われます。どのような個人や共同体にとっても、自分たちが何者であるのかというアイデンティティの問題は重要ですが、異邦人クリスチャンにとって、このことは特に大きな問題だったと思われます。彼らが信じていた唯一の神はイスラエルの聖書が教え、ユダヤ人たちが礼拝している「アブラハム、イサク、ヤコブの神」でした。また彼らが救い主として信じていたイエスもユダヤ人であり、イスラエルのメシヤだったのです。

要するに問題は、なぜユダヤ教に改宗してもいない異邦人がユダヤ人の神を礼拝しなければならないのか?ということでした。異邦人クリスチャンがユダヤ人クリスチャンとともに、イスラエルの神の民とされた、ということにはどういう意味があるのでしょうか?これは21世紀に生きる私たちにとっても切実な問題です。

ルカ文書はこのような問いに答えようとして書かれました。教会のアイデンティティは、そのルーツ(起源)を明らかにすることによって確立されます。ルカはエルサレムに誕生した教会がどのように民族的な垣根を超えて福音を異邦人に伝えていったかを描いていきますが、その教会の働きはイエスの働きの継続であることが示されます。そしてそれはさらに、旧約聖書に記されているイスラエルの物語とつながっていきます。

ルカ文書は、異邦人クリスチャンを含む教会のルーツを説明し、神が歴史の中で展開してこられた救いのご計画の中で、自分たちの立ち位置を教えることによって、彼らのアイデンティティを確認させてくれる物語なのです。


☆さらに学びたい方は山崎ランサム和彦先生のブログへ

鏡を通して - TROUGH A GLASS -

第一回目「ルカ文書への招待 (1)」

第二回目「ルカ文書への招待 (2)」

第三回目「ルカ文書への招待 (3)」

第四回目「ルカ文書への招待 (4)」

第五回目「ルカ文書への招待 (5)」

Bible Studyディレクターの塚本良樹です。山崎ランサム先生の第五回目のコラムです!

今週の通読箇所(11/27-12/3):使徒5~11 or ルカ13~15


続きを読む: 【山崎ランサム先生コラム ⑤】

Bible Studyディレクターの塚本良樹です。山崎ランサム先生の第五回目のコラムです!これを入れてあとひとつです!いよいよECですね。

今週の通読箇所(12/11-17):使徒19~25 or ルカ19~21


ルカが語る福音の物語⑦
「ルカ文書における救い」

ルカ文書の重要な主題の一つは「救い」です。ルカ福音書のクリスマス物語では、ベツレヘムで生まれたイエスが「救い主」と呼ばれています(ルカ2章11節)。神に献げるために幼子イエスが神殿に連れてこられたとき、シメオンはイエスを抱いて言います。

「主よ。今こそあなたは、あなたのしもべを、 みことばどおり、安らかに去らせてくださいます。私の目があなたの御救いを見たからです。御救いはあなたが 万民の前に備えられたもので、異邦人を照らす啓示の光、 御民イスラエルの光栄です。」(ルカ1章29-32節)

ここで注目すべきなのは、イエスにおいて実現しようとしている神の救いはすべての人のためのものだ、と語られている点です。イエスはイスラエルだけでなく、全人類に救いをもたらすお方です。3章6節でもルカはイザヤ書を引用して「こうして、あらゆる人が、 神の救いを見るようになる。」と述べています。

福音書においては、イエスのミニストリーはユダヤ人にほぼ限定されていました。しかし、使徒の働きでは、福音が異邦人にも宣べ伝えられていき、福音書における約束が成就していくのを見ることができます。使徒の働きの結末部分でパウロははっきりと、「神のこの救いは、異邦人に送られました。」と語っています(使徒28章28節)。

そして、このようにして救いがイスラエルから始まってすべての民族に広められていくということは、実は旧約聖書の時代から神によって計画されていたことなのです。使徒の働き13章47節でパウロとバルナバはイザヤ書49章6節を引用しつつ、「なぜなら、主は私たちに、こう命じておられるからです。 『わたしはあなたを立てて、異邦人の光とした。 あなたが地の果てまでも救いをもたらすためである。』」と語っています。ルカ文書は、神がアブラハムに与えられた、「地上のすべての民族は、 あなたによって祝福される。」(創世記12章3節)という約束が、歴史の中でどのように展開していったかを描いているのです。


☆さらに学びたい方は山崎ランサム和彦先生のブログへ

鏡を通して - TROUGH A GLASS -

第一回目「ルカ文書への招待 (1)」

第二回目「ルカ文書への招待 (2)」

第三回目「ルカ文書への招待 (3)」

第四回目「ルカ文書への招待 (4)」

第五回目「ルカ文書への招待 (5)」

第六回目「ルカ文書への招待 (6)」

こんにちは!Bible Studyディレクターの塚本良樹です。

山崎ランサム先生の第四回目のコラムです。ブログもぜひ!

「ルカ・使徒を読もうよプロジェクト」もお忘れなく~

今週の通読箇所(11/20-26):ルカ22~24、使徒1~4 or ルカ10~12

続きを読む: 【山崎ランサム先生コラム④】